人類の月面着陸は無かったろう論 : Apollo 11 has never been to the moon

副島隆彦 著

35年前のアポロ計画の偽造を強く疑う。世界中を騙すアメリカのショーだったことを証明する衝撃の論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 今でもスペースシャトル打ち上げにさえ失敗を繰り返している
  • 第2章 NASA肯定派はこの4つの疑問に答えるべきだ
  • 第3章 焦りだしたNASAとその手先たち
  • 第4章 これは人類すべてを騙した巨大な権力犯罪である
  • 第5章 NASAよ「有人月面着陸」を再現しなさい!
  • 第6章 世界各地で連携しておこるNASAへの怒り

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人類の月面着陸は無かったろう論 : Apollo 11 has never been to the moon
著作者等 副島 隆彦
書名ヨミ ジンルイ ノ ゲツメン チャクリク ワ ナカッタロウ ロン
書名別名 Jinrui no getsumen chakuriku wa nakattaro ron
出版元 徳間書店
刊行年月 2004.6
ページ数 307p
大きさ 20cm
ISBN 4198618747
NCID BA68235258
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20643085
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想