ぼくたち日本の味方です

内田樹, 高橋源一郎 著

東日本大震災によって、この日本は何が変わったのか、そして何が変わらなかったのか。表面化する隣国問題から、米国との関係、原発問題、大阪都構想まで、混乱した時代のさまざまな政治の話題に切り込む。あとからくる世代のために年長者は何をなすべきか、「おじさん」たちが真剣に考えた新しい「日本の愛し方」とは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 2010年9月-2012年3月 日本政治の動き
  • 第1回 浮き足立つな。まあ、座って、お茶でも一杯
  • 第2回 「まず給料を返納する」とか言う政治家は、絶対信用するな!
  • 第3回 福島第一原発事故後の日本の「脱・原発路線」は、ワシントンのご意向である
  • 第4回 「風の谷」が、21世紀の日本のモデルである。我々は、「腐海」とともに生きるしかない
  • 第5回 「原発を作らせない」「沈む日本で楽しく生きる」この両方を実現している場所が、今、この国には存在する
  • 第6回 我々が、橋下徹を生み出した
  • 総括対談-2011年3月11日以降、我々はこう生きている

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぼくたち日本の味方です
著作者等 内田 樹
高橋 源一郎
書名ヨミ ボクタチ ニホン ノ ミカタ デス
書名別名 Bokutachi nihon no mikata desu
シリーズ名 文春文庫 う19-20
出版元 文藝春秋
刊行年月 2015.11
ページ数 349p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-790493-7
NCID BB20016988
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22648526
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想