他者が他者であること

宮城谷昌光 著

二十代の頃、歴史を顧みることがなかった著者は、なぜそこへ目を向けるようになったのか。司馬遼太郎、藤沢周平、小林秀雄、古代中国、趣味とするカメラ、そして自著についての思い。大作『三国志』を完成させた歴史小説家の創作の裏に隠された、あらゆることに対する鋭い視点と、深い思考が見えるエッセイ集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 湖北だより(マキの生け垣
  • 逸勢の娘の孝心 ほか)
  • 2 中国古代の構図(中国古代の構図
  • 『奇貨居くべし』連載を終えて ほか)
  • 3 カメラ(シャッターボタンを押すということ
  • 時を写せ ほか)
  • 4 他者が他者であること(他者が他者であること
  • 二人の利休 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 他者が他者であること
著作者等 宮城谷 昌光
書名ヨミ タシャ ガ タシャ デ アル コト
書名別名 Tasha ga tasha de aru koto
シリーズ名 文春文庫 み19-33
出版元 文藝春秋
刊行年月 2015.5
ページ数 241p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-790365-7
NCID BB18738538
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22562880
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想