邪悪なものの鎮め方

内田樹 著

「邪悪なもの」と対峙したとき、私たちの常識的判断や生活者としての論理は無効になってしまう。そんな「どうしていいかわからない」状況下でどう適切にふるまうか?霊的体験とのつきあい方から記号的殺人の呪い、災厄の芽を摘む仕事の方法まで-"人間的尺度を超えたものに"に対処するための知恵の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 物語のほうへ-邪悪なもののコスモロジー(「父」からの離脱の方位
  • 過激派的外傷あるいは義人とその受難 ほか)
  • 第2章 邪悪なものの鎮め方-呪いと言祝ぎ(霊的体験とのおつきあいの仕方
  • 呪いのナラティヴ ほか)
  • 第3章 正気と狂気のあいだ-霊的感受性の復権(人を見る目
  • そんなの常識 ほか)
  • 第4章 まず隗より始めよ-遂行的予言集(まず隗より始めよ
  • 「おせっかいな人」の孤独 ほか)
  • 第5章 愛神愛隣-共生の時代に向かって(あなたの隣人を愛するように、あなた自身を愛しなさい
  • 学院標語と結婚の条件 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 邪悪なものの鎮め方
著作者等 内田 樹
書名ヨミ ジャアク ナ モノ ノ シズメカタ
書名別名 Jaku na mono no shizumekata
シリーズ名 文春文庫 う19-15
出版元 文藝春秋
刊行年月 2014.1
ページ数 339p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-790015-1
NCID BB14515484
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22353779
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想