大人のいない国

鷲田清一, 内田樹 著

「こんな日本に誰がした」犯人捜しの語法でばかり社会を論じる人々、あらゆるものを費用対効果で考える消費者マインド、クレーマー体質…日本が幼児化を始めたターニング・ポイントはどこにあったのだろうか。知の巨人ふたりが、大人が消えつつある日本のいまを多層的に分析し、成熟への道しるべを示した瞠目の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 成熟と未熟(鷲田清一)
  • 第1章 対談 「大人学」のすすめ(鷲田清一×内田樹)
  • 第2章 大人の「愛国論」(内田樹)
  • 第3章 「弱い者」に従う自由(鷲田清一)
  • 第4章 呪いと言論(内田樹)
  • 第5章 大人の作法(鷲田清一)
  • 第6章 もっと矛盾と無秩序を(内田樹)
  • 終章 対談 身体感覚と言葉(鷲田清一×内田樹)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大人のいない国
著作者等 内田 樹
鷲田 清一
書名ヨミ オトナ ノ イナイ クニ
書名別名 Otona no inai kuni
シリーズ名 文春文庫 う19-14
出版元 文藝春秋
刊行年月 2013.8
ページ数 189p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-783854-6
NCID BB13245318
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22285841
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「大人学」のすすめ 内田樹 述, 鷲田 清一
「弱い者」に従う自由 鷲田清一 著
もっと矛盾と無秩序を 内田樹 著
呪いと言論 内田樹 著
大人の「愛国論」 内田樹 著
大人の作法 鷲田清一 著
成熟と未熟 鷲田清一 著
身体感覚と言葉 内田樹 述, 鷲田 清一
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想