ひとりでは生きられないのも芸のうち

内田樹 著

現代社会の危機に対する処方は要するに「常識ある大人」の頭数をもう少し上積みすること、それだけです-。『寝ながら学べる構造主義』『日本辺境論』『街場のメディア論』の著者が、若者たちに向けて語る、「自立」と「孤立」の違い、結婚、労働、共同体の作法とは。特別座談会「お見合いは地球を救う」を併録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 非婚・少子化時代に
  • 2 働くということ
  • 3 メディアの語り口
  • 4 グローバル化時代のひずみ
  • 5 共同体の作法
  • 6 死と愛をめぐる考察

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ひとりでは生きられないのも芸のうち
著作者等 内田 樹
書名ヨミ ヒトリ デワ イキラレナイノモ ゲイ ノ ウチ
書名別名 Hitori dewa ikirarenainomo gei no uchi
シリーズ名 文春文庫 う19-9
出版元 文藝春秋
刊行年月 2011.1
ページ数 317p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-780115-1
NCID BB04526917
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21881826
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想