それってどうなの主義

斎藤美奈子 著

「それってどうなの主義」とは、なにか変だなあと思ったときに「それってどうなの」とつぶやいてみること。ただそれだけですが、とても大切なことです。日の丸、戦争、靖国から、皇室、教育、ファッション誌まで、オウム事件後10年のニッポンの右往左往ぶりを明快に解き明かし、違和感を突く痛快エッセイ集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 右を向いても左を見ても(日章旗のお取り扱い
  • それってなんすか? ほか)
  • 第2章 日本のメディアは大丈夫?(奴隷とライオン
  • 男女対抗戦の謎 ほか)
  • 第3章 少数派の言い分(抗菌グッズなんかいらない
  • マイナーな趣味 ほか)
  • 第4章 子どもと学校の周辺(石臼とペン立て
  • 孵化と羽化 ほか)
  • 第5章 女と男の文化の行方(シンデレラとピッピ
  • 「男」をつくる装置 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 それってどうなの主義
著作者等 斉藤 美奈子
書名ヨミ ソレッテ ドウナノ シュギ
書名別名 Sorette donano shugi
シリーズ名 文春文庫 さ36-8
出版元 文藝春秋
刊行年月 2010.8
ページ数 333p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-777395-3
NCID BB03025406
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21806520
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想