東京ファイティングキッズ・リターン : 悪い兄たちが帰ってきた

内田樹, 平川克美 著

「若いやつらにばあんと説教」。そんな依頼に応えた論壇の二人の悪い兄たちは、実は小学生時代からの盟友だった。往復メールでファイトするのは、「自由という神話、成長という物神」「詩と反復」「キャリアという自己商品化」「ブリコラージュ的知性について」etc.。野暮はよしなよ、と世間に気を吐く巻末対談も併録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 正しさは誰が判断する?
  • 第三者、エロス、時間
  • 自由という神話、成長という物神
  • 詩と反復
  • 言葉に対する敬意と慎み深さ
  • エクリチュールの魔
  • キャリアという自己商品化
  • 常識と陰謀
  • 非決定問題について
  • ブリコラージュ的知性について
  • 「忘れられた」ブリコルールたち
  • インビジブル・アセット
  • 蕩尽的時間論と言葉の「後ろめたさ」について
  • 労働と豊穣性
  • 党派を遠くはなれて
  • 歴史の中のifと「ナカとって主義者」
  • さようならアメリカ、さようならニッポン
  • アメリカの光、日本の影
  • 非同盟的なむすびつきと見えない時間
  • 負け方と貨幣と時間
  • ぼくたちのベル・エポック
  • 悪い兄たちが帰ってゆく

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京ファイティングキッズ・リターン : 悪い兄たちが帰ってきた
著作者等 内田 樹
平川 克美
書名ヨミ トウキョウ ファイティング キッズ リターン : ワルイ アニタチ ガ カエッテキタ
書名別名 Tokyo faitingu kizzu ritan
シリーズ名 文春文庫 う19-6
出版元 文藝春秋
刊行年月 2010.1
ページ数 274p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-777337-3
NCID BB00692787
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21700790
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想