街場の現代思想

内田樹 著

「バカ組・利口組」に二極化した新しいタイプの階層社会が出現しつつある。そんな格差社会において真に必要な文化資本戦略とは何か?日本の危機を救う「負け犬」論から社内改革の要諦まで、目からウロコの知見を伝授。結婚・離婚・お金・転職の悩み…著者初の人生相談も必見。話題の名著がついに文庫化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 文化資本主義の時代(「越すに越されぬ、バカの壁」
  • 文化資本とは何か
  • 「一億総プチ文化資本家」戦略
  • 文化資本の逆説)
  • 第2章 勝った負けたと騒ぐじゃないよ(『負け犬の遠吠え』のクールなあり方
  • 「負け犬」は二一世紀のランティエ
  • 「女子大回帰」志向と勝ち犬シフト)
  • 第3章 街場の常識(敬語について
  • お金について
  • 給与について
  • ワーク・モチベーションについて
  • 転職について
  • 社内改革について
  • フリーターについて
  • 結婚という終りなき不快について
  • 他者としての配偶者について
  • 離婚について
  • 贈与について
  • 大学について
  • 学歴について
  • 想像力と倫理について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 街場の現代思想
著作者等 内田 樹
書名ヨミ マチバ ノ ゲンダイ シソウ
書名別名 Machiba no gendai shiso
シリーズ名 文春文庫
出版元 文藝春秋
刊行年月 2008.4
ページ数 259p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-771773-5
NCID BA85631615
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21404366
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想