私の身体は頭がいい

内田樹 著

私の身体は頭よりも、はるかに賢い-。武道家でありレヴィナス研究者である著者が放つ最強の身体知。本当に危険な敵と対峙したときはどうすべきか、身体の感受性を育む体育とは何か、最高のパフォーマンスを生む心身の状態とは?危機管理法から胆力の付け方まで、よりよく生きるための武術的思考法を伝授。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 武道に出会う
  • 2 武道的身体論
  • 3 私の身体は頭がいい
  • 4 医療に出会う
  • 5 複素的身体性論-無敵の探究
  • 終章 響く身体

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私の身体は頭がいい
著作者等 内田 樹
書名ヨミ ワタシ ノ カラダ ワ アタマ ガ イイ
書名別名 Watashi no karada wa atama ga ii
シリーズ名 文春文庫
出版元 文藝春秋
刊行年月 2007.9
ページ数 311p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-771744-5
NCID BA83015213
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21291348
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想