一九七二 : 「はじまりのおわり」と「おわりのはじまり」

坪内祐三 著

連合赤軍があさま山荘にたてこもり、宮の森シャンツェに3本の日の丸が揚がった年は、今太閤が列島改造を叫び、ニクソンが突如北京に赴いた年でもあった。高度成長期の生真面目さとエンタテインメント志向の萌芽が交錯する奇妙な季節。3億円事件を知らない世代に熱い時代の息吹を伝える、新感覚の文化評論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • なぜ、この年なのか
  • ポルノ解禁前夜
  • 日活ロマンポルノ摘発される
  • ストリップショーと「四畳半襖の下張」
  • 連合赤軍事件と性意識
  • 赤軍派と革命左派の女性観の違い
  • それは「水筒問題」からはじまった
  • 永田洋子の期待と失望
  • 遠山美枝子のしていた指輪
  • 榛名ベースでの新党結成と意識の落差〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一九七二 : 「はじまりのおわり」と「おわりのはじまり」
著作者等 坪内 祐三
書名ヨミ イチキュウ ナナニ : ハジマリ ノ オワリ ト オワリ ノ ハジマリ
書名別名 Ichikyu nanani
シリーズ名 文春文庫
出版元 文藝春秋
刊行年月 2006.4
ページ数 487p
大きさ 16cm
ISBN 4167679795
NCID BA76503002
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21013488
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想