閉された言語空間 : 占領軍の検閲と戦後日本

江藤淳 著

さきの大戦の終結後、日本はアメリカの軍隊によって占領された。そしてアメリカは、占領下日本での検閲を周到に準備し、実行した。それは日本の思想と文化とを殱滅するためだった。検閲がもたらしたものは、日本人の自己破壊による新しいタブーの自己増殖である。膨大な一次資料によって跡づけられる、秘匿された検閲の全貌。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 アメリカは日本での検閲をいかに準備していたか
  • 第2部 アメリカは日本での検閲をいかに実行したか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 閉された言語空間 : 占領軍の検閲と戦後日本
著作者等 江藤 淳
書名ヨミ トザサレタ ゲンゴ クウカン
書名別名 Tozasareta gengo kukan
シリーズ名 文春文庫
出版元 文芸春秋
刊行年月 1994.1
ページ数 371p
大きさ 16cm
ISBN 4167366088
NCID BN1072882X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94021721
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想