日本の町

丸谷才一, 山崎正和 著

前田利家はなぜ隻眼の肖像を描かせなかったか。笹かまぼことてんぷらの関係。京都人が瀬戸内の魚を食べないわけ-。金沢、小樽、宇和島、長崎、弘前…。日本の八つの町を選び、その町をその町たらしめているものは何かを、風土、歴史、文学から探る。座談の名手二人がおくる、造詣深いオシャベリ都市論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 金沢-江戸よりも江戸的な
  • 小樽-「近代」への郷愁
  • 宇和島-海のエネルギー
  • 長崎-エトランジェの坂道
  • 西宮芦屋-女たちがつくった町
  • 弘前-東北的なもの
  • 松江-「出雲」論
  • 東京-富士の見える町

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の町
著作者等 丸谷 才一
山崎 正和
書名ヨミ ニホン ノ マチ
書名別名 Nihon no machi
シリーズ名 文春文庫
出版元 文芸春秋
刊行年月 1994.11
ページ数 283p
大きさ 16cm
ISBN 4167138115
NCID BN12174387
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95014763
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想