ポスト消費社会のゆくえ

辻井喬, 上野千鶴子 著

セゾングループの歩みを振り返ることは日本の戦後消費社会の歴史を考えること-消費社会論の研究者でもある上野千鶴子氏が元グループ総帥・辻井喬(堤清二)氏へのインタビューを通して、ポスト消費社会をどのように再構築していくか、その手がかりを探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 1950's〜70's(前史
  • 激動 ほか)
  • 第2章 1970's〜80's(黄金期
  • 第十期 ほか)
  • 第3章 1990's〜(失敗
  • 解体 ほか)
  • 第4章 2008(戦後共同体から遠く離れて
  • 産業社会の終焉)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポスト消費社会のゆくえ
著作者等 上野 千鶴子
辻井 喬
書名ヨミ ポスト ショウヒ シャカイ ノ ユクエ
書名別名 Posuto shohi shakai no yukue
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2008.5
ページ数 321p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-660633-7
NCID BA85822307
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21436643
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想