人ったらし

亀和田武 著

会った途端に魅了されてしまう、日常にスリルとサスペンスを与えてくれる-吉行淳之介からアントニオ猪木まで、「人ったらし」の魅力に迫り、加えて「人ったらし」になるコツを伝授。珠玉のストリート人間学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「オネーさん、お水ね」といえる人
  • 第2章 「それ、知りません」といえる人
  • 第3章 「やっと会えたね」といえる人
  • 第4章 「女房には負けますよ、エッヘヘヘ」といえる人
  • 第5章 「オレ、死んじゃうよ」といえる人
  • 第6章 「なあんか、やばいらしいよ」といえる人

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人ったらし
著作者等 亀和田 武
書名ヨミ ヒトッタラシ
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2007.10
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-660597-2
NCID BA83411039
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21313915
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想