三島由紀夫の二・二六事件

松本健一 著

昭和史の分水嶺となった尊皇クーデターに少年・三島が視たものは何か。昭和天皇、北一輝の思念の錯綜をたどりつつ、ルサンチマンの視座から、三島世界を新たに読み換える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 昭和史への大いなる影
  • 第1章 三島由紀夫の北一輝
  • 第2章 二・二六事件と三島由紀夫
  • 第3章 大本教の幻の影
  • 第4章 北一輝と昭和天皇
  • 第5章 二・二六事件における天皇
  • 第6章 日米戦争と天皇、および北一輝
  • 終章 畏るべき天皇

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 三島由紀夫の二・二六事件
著作者等 松本 健一
書名ヨミ ミシマ ユキオ ノ ニニロク ジケン
書名別名 Mishima yukio no niniroku jiken
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2005.11
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 4166604759
NCID BA74286140
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20933365
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想