検察側の罪人

雫井脩介 著

東京地検のベテラン検事・最上毅と同じ刑事部に、教官時代の教え子、沖野啓一郎が配属されてきた。ある日、大田区で老夫婦刺殺事件が起きる。捜査に立ち会った最上は、一人の容疑者の名前に気づいた。すでに時効となった殺人事件の重要参考人と当時目されていた人物だった。男が今回の事件の犯人であるならば、最上は今度こそ法の裁きを受けさせると決意するが、沖野が捜査に疑問を持ちはじめる-。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 検察側の罪人
著作者等 雫井 脩介
書名ヨミ ケンサツガワ ノ ザイニン
書名別名 Kensatsugawa no zainin
出版元 文藝春秋
刊行年月 2013.9
ページ数 508p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-16-382450-5
NCID BB13663839
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22299569
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想