無意味なものと不気味なもの

春日武彦 著

本来のメッセージとは微妙に食い違った部分においてひそやかに違和感を与え続けてきた小説たち。奇妙な方法論を用いて世界を分節してみせた物語たち。わたしの孤独感をますます深めてきた文章の数々。本書は、そのような小説について、あえて個人的な記憶や体験を織り込みつつ論じたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 隠蔽された顔-N・ホーソーン『牧師の黒のベール』
  • 本物そっくり-河野多惠子『半所有者』
  • 糞と翼-パトリック・マグラア『長靴の物語』
  • 姿勢と連想-古井由吉『仁摩』
  • 受話器を握る怪物-H・P・ラヴクラフト『ランドルフ・カーターの陳述』
  • 孤独な日々-日影丈吉『旅は道づれ』
  • 南洋の郵便配達夫-J・M・スコット『人魚とビスケット』
  • 描きかけの風景画-藤枝静男『風景小説』
  • 墜落する人-レイ・ブラッドベリ『目かくし運転』
  • 救われたい気持ち-高井有一『夜の音』
  • 果てしない日々-クレイ・レイノルズ『消えた娘』
  • 世界の構造-富岡多恵子『遠い空』
  • グロテスク考-カースン・マッカラーズ『黄金の眼に映るもの』
  • うふふ。-車谷長吉『忌中』
  • 昆虫的-内田百〓(けん)『殺生』+ブルーノ・シュルツ『父の最期の逃亡』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 無意味なものと不気味なもの
著作者等 春日 武彦
書名ヨミ ムイミナ モノ ト ブキミナ モノ
書名別名 Muimina mono to bukimina mono
出版元 文藝春秋
刊行年月 2007.2
ページ数 293p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-16-368870-1
NCID BA81452589
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21190674
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想