偉大なる失敗

マリオ・リヴィオ 著 ; 千葉敏生 訳

あの天才科学者たちも失敗と無縁ではなかった。生命の進化や地球・宇宙の起源、分子生物学、相対性理論の各研究で輝かしい業績を残したダーウィン、ケルヴィン卿、ポーリング、ホイル、アインシュタインも大きなミスを犯しているのだ。しかし結果的に科学発展の原動力となったり、後年誤りではないことが判明したりと、彼らはその過ちさえ並外れていた!5つの偉大なる失敗と、その影響に迫る傑作科学ノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 間違いと過ち
  • 起源
  • そう、この地上に在るいっさいのものは、結局は溶け去る
  • 地球は何歳?
  • 確信とは往々にして幻想である
  • 生命を解するもの
  • ともかく、誰のDNAなのか?
  • ビッグバンのB
  • 永遠に同じ?
  • 「最大の過ち」
  • 空っぽな空間から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 偉大なる失敗
著作者等 Livio, Mario
千葉 敏生
リヴィオ マリオ
書名ヨミ イダイ ナル シッパイ : テンサイ カガクシャタチ ワ ドウ マチガエタカ
書名別名 BRILLIANT BLUNDERS

天才科学者たちはどう間違えたか

Idai naru shippai
シリーズ名 〈数理を愉しむ〉シリーズ 487
ハヤカワ文庫 NF 487
出版元 早川書房
刊行年月 2017.2
ページ数 484p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-15-050487-8
NCID BB23179843
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22851495
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想