物質のすべては光 : 現代物理学が明かす、力と質量の起源

フランク・ウィルチェック 著 ; 吉田三知世 訳

離れるほど引きあう力が強くなる-本書の著者ウィルチェックは、クォークを結びつける相互作用がもつ不思議な性質を説明する「漸近的自由」の発見により、ノーベル賞を受賞した。本書は質量の正体は何か?という問いに始まり、忘れ去られた「エーテル」の思いがけない可能性や、漸近的自由によって重力が他の力と同じ枠組で捉えられることを示し、来たるべき統一理論を展望する、精緻かつ大胆な知的冒険の書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 質量の起源(「これ」に取り組む
  • ニュートンの第ゼロ法則
  • アインシュタインの第二法則 ほか)
  • 第2部 重力の弱さ(重力は弱いのだろうか?実際にそうだ
  • 重力は弱いのか?理論的にはノーだ
  • ほんとうにすべき質問 ほか)
  • 第3部 美は真なるか?(統一-セイレーンの歌
  • 統一-ガラスを通して、ぼんやりと
  • 擁護可能性 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物質のすべては光 : 現代物理学が明かす、力と質量の起源
著作者等 Wilczek, Frank
吉田 三知世
ウィルチェック フランク
書名ヨミ ブッシツ ノ スベテ ワ ヒカリ : ゲンダイ ブツリガク ガ アカス チカラ ト シツリョウ ノ キゲン
書名別名 THE LIGHTNESS OF BEING

Busshitsu no subete wa hikari
シリーズ名 〈数理を愉しむ〉シリーズ 384
ハヤカワ文庫 NF 384
出版元 早川書房
刊行年月 2012.11
ページ数 448p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-15-050384-0
NCID BB11113338
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22171300
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想