希望論 : 2010年代の文化と社会

宇野常寛, 濱野智史 著

「戦後日本」が終わりを告げたいま、私たちの社会のリアリティは大きな変容を遂げた。この現実を否認した「希望」も「絶望」も無効である。情報社会とサブカルチャーの戦後から現在をふまえ、日常と非日常が混在するこの日本社会の本質を明晰に描写。震災復興が叫ばれる今、ありうべき日本社会の姿を探るため、いま、もっとも注目される若き俊英二人が徹底討論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「震災」から考える("フクシマ"を受け止めるための想像力
  • 復興への希望はどこにあるか)
  • 2 「戦後以降」を考える(情報社会の現在地まで
  • 日本的なものの再定義)
  • 3 「希望」を考える(希望と社会・政治・運動
  • 政治と文学の再設定)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 希望論 : 2010年代の文化と社会
著作者等 宇野 常寛
濱野 智史
書名ヨミ キボウロン : 2010ネンダイ ノ ブンカ ト シャカイ
書名別名 Kiboron
シリーズ名 NHK BOOKS 1171
NHKブックス 1171
出版元 NHK
刊行年月 2012.1
ページ数 219p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-091171-6
NCID BB08075354
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22045111
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想