源氏将軍神話の誕生 : 襲う義経、奪う頼朝

清水眞澄 著

『平家物語』『義経記』『御伽草子』等で語られてきた義経と頼朝の伝承と史実の世界。八幡信仰の読み替えを核に据えることにより、源氏将軍の権威を確立しようとした頼朝。治承・寿永の内乱の中で、私戦を公戦に作り替えるために謀反人に堕とされて、やがて魔王となった義経。二人の交差に、勝者の物語としての源氏将軍神話の誕生と生成を読み取る、気鋭の清新な論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 義経滅亡への視座
  • 第2章 「清和源氏」の来た道
  • 第3章 将軍神話の生成
  • 第4章 襲う義経、奪う頼朝
  • 第5章 源氏将軍の滅亡
  • 終章 魔王の出現

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 源氏将軍神話の誕生 : 襲う義経、奪う頼朝
著作者等 清水 眞澄
書名ヨミ ゲンジ ショウグン シンワ ノ タンジョウ : オソウ ヨシツネ ウバウ ヨリトモ
書名別名 Genji shogun shinwa no tanjo
シリーズ名 NHKブックス 1129
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2009.2
ページ数 235p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-091129-7
NCID BA89132060
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21556051
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想