幸福論 : 〈共生〉の不可能と不可避について

宮台真司, 鈴木弘輝, 堀内進之介 著

不透明で流動的な社会、将来不安に脅かされる人々…いま、「幸福な社会」とはどのようなものか。幸福への設計は、一握りの「エリート」に任せられるか。幸福につながる「教育のあり方」とはどのようなものか。どんな社会も、なんらかの選別と排除を抱えこむ以上、万人の幸福な"共生"は不可能とする考えから出発し、統治権力が巧妙に演出する「幸福像」を超えて、真の幸福はいかにして可能かを徹底討議。人文科学の粋を集めた迫力ある鼎談。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 パターナリズムこそ幸福の大前提?(幸福の機会費用
  • 「不安のポピュリズム」の登場)
  • 第2章 いかに幸せだと思わせるか-幸福の社会工学(フィールグッド社会の罠?
  • 全体性の危機-"公"不在の日本社会 ほか)
  • 第3章 エリートが「幸福な社会」を作るのか?(まずは「感情的安全」の保障から-多様性の構築へ
  • "エリート"の条件)
  • 第4章 教育を通して「疑似階級社会」を作る?(人を見て「機能の言葉」を説け!
  • 「学校的共同性」を再考せよ!)
  • 第5章 "社会設計"の不可能と不可避(バイオポリティクス-恣意性にどう対処するか
  • 「教育の一枚岩」をどう捉えるか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幸福論 : 〈共生〉の不可能と不可避について
著作者等 堀内 進之介
宮台 真司
鈴木 弘輝
書名ヨミ コウフクロン : キョウセイ ノ フカノウ ト フカヒ ニ ツイテ
書名別名 Kofukuron
シリーズ名 NHKブックス 1081
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2007.3
ページ数 339p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-091081-8
NCID BA81336704
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21216075
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想