東京から考える : 格差・郊外・ナショナリズム

東浩紀, 北田暁大 著

ともに一九七一年に生まれ、東京の郊外に育ち、同時期に現代思想の洗礼を受けた気鋭の論客二人の眼に、ポストモダン都市・東京の現在は、どのように映ったか。シミュラークルの街・渋谷の変貌、郊外のセキュリティ化、下北沢や秋葉原の再開発に象徴される街の個性の喪失、足立区の就学支援、東京の東西格差、そして、ビッグ・シティを侵食する新たなナショナリズム…これらの考察を経て、リベラリズムの限界と可能性を論じる。東京の光景を素材に、現代社会の諸問題を徹底討論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 渋谷から都市を考える(東京の東西差
  • 東京のサブカルチャー的多様性 ほか)
  • 2 青葉台から郊外を考える(青葉台はいつ誕生したのか
  • 駅前風景の変遷 ほか)
  • 3 足立区から格差を考える(記号的空間と動物的空間
  • なぜ、ガーデンプレイスは「ジャスコ的」に見えるのか ほか)
  • 4 池袋から個性を考える(池袋と西武
  • 北京の都市再開発 ほか)
  • 5 東京からネイションを考える(都市を覆う人間工学的デザイン
  • ネイション形成の身体的動機 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京から考える : 格差・郊外・ナショナリズム
著作者等 北田 暁大
東 浩紀
書名ヨミ トウキョウ カラ カンガエル : カクサ コウガイ ナショナリズム
書名別名 Tokyo kara kangaeru
シリーズ名 NHKブックス 1074
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2007.1
ページ数 297p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-091074-0
NCID BA8030249X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21185993
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想