嗤う日本の「ナショナリズム」

北田暁大 著

若者たちはなぜ右傾化するのか。皮肉屋の彼らはなぜ純愛にハマるのか。70年代初頭にまで遡り、アイロニカルな感性の変容の過程を追いながら、奇妙な「ナショナリズム」の正体をさぐる。あさま山荘事件から、窪塚洋介、2ちゃんねるまで。多様な現象・言説の分析を通し、「皮肉な共同体」とベタな愛国心が結託する機制を鋭く読み解く。気鋭の論客、渾身の書き下ろし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 『電車男』と憂国の徒-「2ちゃんねる化する社会」「クボヅカ化する日常」
  • 第1章 ゾンビたちの連合赤軍-総括と「六〇年代的なるもの」
  • 第2章 コピーライターの思想とメタ広告-消費社会的アイロニズム
  • 第3章 パロディの終焉と純粋テレビ-消費社会的シニシズム
  • 第4章 ポスト八〇年代のゾンビたち-ロマン主義的シニシズム
  • 終章 スノッブの帝国-総括と補遺

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 嗤う日本の「ナショナリズム」
著作者等 北田 暁大
書名ヨミ ワラウ ニホン ノ ナショナリズム
書名別名 Warau nihon no nashonarizumu
シリーズ名 NHKブックス 1024
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2005.2
ページ数 269p
大きさ 19cm
ISBN 4140910240
NCID BA70952138
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20751541
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想