21世紀の自由論

佐々木俊尚 著

日本にはリベラルや保守がそもそも存在するのか?ヨーロッパの普遍主義も終わりを迎えているのではないか?未来への移行期に必須の「優しいリアリズム」とは何か?-「政治哲学」不在の日本、混迷を極めるヨーロッパ、ネットワーク化された世界に生まれた共同体の姿を描き、「非自由」で幸せな在り方を考える。ネットの議論を牽引する著者が挑む新境地!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本でいま何が起きているのか-「リベラル」「保守」「ネット右翼」(保守化する「リベラル」
  • マイノリティ憑依とゼロリスク幻想
  • 「保守」が抱える二つのジレンマ ほか)
  • 第2章 ヨーロッパの普遍主義は終わった(中心の消滅とリベラリズムの崩壊
  • コミュニタリアニズムの限界
  • 自由と平等のトレードオフ)
  • 第3章 移行期をどう生きるか(「冷たいリアリズム」から「優しいリアリズム」へ
  • ネットワーク共同体の可能性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 21世紀の自由論
著作者等 佐々木 俊尚
書名ヨミ ニジュウイッセイキ ノ ジユウロン : ヤサシイ リアリズム ノ ジダイ エ
書名別名 「優しいリアリズム」の時代へ

Nijuisseiki no jiyuron
シリーズ名 NHK出版新書 459
出版元 NHK
刊行年月 2015.6
ページ数 232p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-14-088459-1
NCID BB18896415
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22600405
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想