北方謙三の『水滸伝』ノート

北方謙三 著

北方謙三の超大作『水滸伝』。中国四大奇書の一つとされる原典を解体し、再構築した物語のスケールの大きさと躍動感は圧巻だ。その創作には、著者の渾身の力と知識と体験と思いがこめられている。作家・北方謙三が、『水滸伝』を中心に、中国の歴史や物語と小説創作とのスリリングな関係を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 重なる二つの革命劇
  • 2 闇塩の道
  • 3 王道と覇道
  • 4 男と女の物語
  • 5 戦いのリアリズム
  • 6 稗史の中の真実
  • 7 心に残る人々
  • 8 『水滸伝』から『楊令伝』へ
  • 9 中国の歴史、その豊穣な世界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北方謙三の『水滸伝』ノート
著作者等 北方 謙三
書名ヨミ キタカタ ケンゾウ ノ スイコデン ノート
書名別名 Kitakata kenzo no suikoden noto
シリーズ名 生活人新書 300
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2009.9
ページ数 203p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-14-088300-6
NCID BA91433820
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21654832
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想