京都、唐紙屋長右衛門の手仕事

千田堅吉 著

桂離宮、御所、二条城などの襖にも用いられ、岡部伊都子、白洲正子、大仏次郎ら文化人も愛した唐長の唐紙。江戸時代から受け継がれた板木文様と、熟練した職人の手加減によってつくりだされる独特の色彩は、古今東西で愛され、いまも新鮮な輝きを放つ。文化財の修復から現代住宅のインテリアまで手がける十一代当主が、その美感覚とものづくりの秘密をはじめて解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 唐紙の「雲母」に映る「日本」と「世界」
  • 第1章 つくり手の目線、ものづくりの原点(「手加減」が「良い加減」
  • 江戸時代から伝わる板木と文様
  • 唐紙の色、唐長の色
  • 唐紙の色は暮らしのなかから)
  • 第2章 唐紙の歴史と伝統(千年の時を超えて
  • 唐紙屋長右衛門の創業
  • 文化財に息づく唐紙
  • 海を渡った唐紙)
  • 第3章 「しつらい」としての唐紙(唐紙と明かり
  • 唐紙の似合う空間 ほか)
  • 第4章 唐長今昔(先代からの言い伝え
  • 京都で一軒だけ残った唐紙屋
  • 誰にも頼れなかった駆け出し時代
  • 唐紙の面白さに目覚める
  • 変わるべきもの、守るべきもの
  • 手仕事の未来)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 京都、唐紙屋長右衛門の手仕事
著作者等 千田 堅吉
書名ヨミ キョウト カラカミヤ チョウエモン ノ テシゴト
書名別名 Kyoto karakamiya choemon no teshigoto
シリーズ名 生活人新書 151
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2005.7
ページ数 205p
大きさ 17cm
ISBN 4140881518
NCID BA72820309
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20814094
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想