周五郎流 : 激情が人を変える

高橋敏夫 著

市井の人々の、生きる苦しみや哀しみ、そして喜びを描きつづけた山本周五郎。登場人物たちは、苦悶し、号泣し、哄笑し、激怒し、それゆえに歓喜の表情を隠さない。強く、激しい感情体験を通して、新しい、豊かな人間が生成されてゆく珠玉の物語。作品に託されたメッセージを読み解き、周五郎のまなざしを逆照射する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 これだけは、どうしても、譲れない(どう云いようもない、ただもう胸がむかついて
  • たしかに、その客は嗚咽していた ほか)
  • 第2章 不幸が不幸に交叉する(あんたはただの悪党、ただの人殺しだわ
  • あの人はもうゆき止りだわ、これからはただ落ちるだけよ ほか)
  • 第3章 「成功」と「幸運」への異和感(たったいまここから逃げだせ
  • 私には、あの娘を追い出すことはできません ほか)
  • 第4章 弱い者のたたかい方(こんどはおれの笑う番だ
  • 強さというものにはそれを打ち砕く法が必ずある ほか)
  • 第5章 貧困と集団と理想と、ふたたび(なんにもおっ建たなかっただよ
  • 殺すな、盗むなという原則でさえ絶対ではない ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 周五郎流 : 激情が人を変える
著作者等 高橋 敏夫
書名ヨミ シュウゴロウリュウ : ゲキジョウ ガ ヒト オ カエル
書名別名 Shugororyu
シリーズ名 生活人新書
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2003.11
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 4140880864
NCID BA64776008
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20505203
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想