ゲームにすればうまくいく : 〈ゲーミフィケーション〉9つのフレームワーク

深田浩嗣 著

顧客との長期的な関係性を築くには…これからは、ゲームだ。ハーレーからAKB48までゲーミフィケーションのビジネス活用法を解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 0 なんのためにゲームにするのか?
  • 1 可視化、目標 なぜ「計るだけダイエット」でやせるのか?
  • 2 オンボーディング なぜ高機能な電子レンジは使いにくいのか?
  • 3 世界観、ソーシャル なぜハーレーは縮小する市場で新車販売台数を増やし続けられるのか?
  • 4 チューニング、上級者向け なぜセブン‐イレブンは真冬の2月に冷やし中華を売るのか?
  • 5 ゴール なぜAKB48のじゃんけん大会はただの「じゃんけん」なのに盛り上がるか?
  • FINAL おもてなし ゲーミフィケーションは「おもてなし」を表現するテクノロジーになる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゲームにすればうまくいく : 〈ゲーミフィケーション〉9つのフレームワーク
著作者等 深田 浩嗣
書名ヨミ ゲーム ニ スレバ ウマク イク : ゲーミフィケーション ココノツ ノ フレームワーク
書名別名 Gemu ni sureba umaku iku
出版元 NHK
刊行年月 2012.4
ページ数 223p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-081536-6
NCID BB09239322
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22090772
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想