パブリック = PUBLIC : 開かれたネットの価値を最大化せよ

ジェフ・ジャービス 著 ; 小林弘人 監修・解説 ; 関美和 訳

これまでのプライバシー/パブリックの境界を越えて今、人々が自分をオープンにさらし、シェアしはじめている。それは、"パブリックであることが価値を生みだす"ことに、ますます多くの人が気づいてきたからだ。それは個人にとどまらない。企業は、透明性とコラボレーションによるイノベーションの可能性に気づき、政府や自治体は莫大な保有データを公開することで新たな価値を生みだしはじめた。ネットを介して生まれつつある"パブリック"-それは、ソーシャルメディア革命と3.11を経て見えてきた、大公開時代の新しいフロンティアだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • イントロダクション-大公開時代
  • パブリックの預言者マーク・ザッカーバーグ
  • パブリックの選択
  • "パブリックネス"のメリット
  • プライベートとパブリック その歴史
  • パブリック・メディア
  • プライバシーとは何か?
  • 僕らはどこまでパブリックだろう?
  • パブリックなあなた
  • シェア産業
  • スーパー・パブリックカンパニー
  • 人民の、人民による、人民のための…
  • 新しい世界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パブリック = PUBLIC : 開かれたネットの価値を最大化せよ
著作者等 Jarvis, Jeff
小林 弘人
関 美和
ジャービス ジェフ
書名ヨミ パブリック : ヒラカレタ ネット ノ カチ オ サイダイカセヨ
書名別名 Public parts

PUBLIC
出版元 NHK
刊行年月 2011.11
ページ数 331, 17p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-14-081513-7
NCID BB07512996
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22033617
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想