影の外に出る : 日本、アメリカ、戦後の分岐点

片岡義男 著

[目次]

  • 日本の主体的判断と国益
  • 主体的な日本を求めて
  • 主体的に判断しながら様子を見る日本
  • 日本の主権のなかにあるアメリカ
  • 輸出関連大企業と日本
  • ドル安・円高の方向とは
  • 「弱い円が日本の政策である」
  • 巨額の経常黒字というもの
  • 平和とはゆるやかなドル安と円高
  • 「解釈憲法」の命日となる日〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 影の外に出る : 日本、アメリカ、戦後の分岐点
著作者等 片岡 義男
書名ヨミ カゲ ノ ソト ニ デル : ニホン アメリカ センゴ ノ ブンキテン
書名別名 Kage no soto ni deru
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2004.5
ページ数 238p
大きさ 20cm
ISBN 4140808357
NCID BA67418977
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20610879
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想