「昭和」という国家

司馬遼太郎 著

「日本という国の森に、大正末年、昭和元年ぐらいから敗戦まで、魔法使いが杖をポンとたたいたのではないでしょうか。その森全体を魔法の森にしてしまった。発想された政策、戦略、あるいは国内の締めつけ、これらは全部変な、いびつなものでした。魔法の森からノモンハンが現れ、中国侵略も現れ、太平洋戦争も現れた。」司馬遼太郎が、軍部官僚の「統帥権」という"正義の体系"が充満して、国家や社会をふりまわしていた、昭和という"魔法の森の時代"を、骨身に軋むような想いで「解剖」する。日本のあすをつくるために。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 何が魔法をかけたのか
  • "脱亜論"私の読みかた
  • 帝国主義とソロバン勘定
  • 近代国家と"圧搾空気"-教育勅語
  • 明治政府のつらさ-軍人勅論
  • ひとり歩きすることば-軍隊用語
  • 技術崇拝社会を曲げたもの
  • 秀才信仰と骨董兵器
  • 買い続けた西欧近代
  • 青写真に落ちた影〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「昭和」という国家
著作者等 司馬 遼太郎
書名ヨミ ショウワ ト ユウ コッカ
書名別名 Showa to yu kokka
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1999.3
ページ数 315p
大きさ 19cm
ISBN 4140018569
NCID BA4065560X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99087543
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想