憂世と浮世 : 世阿弥から黙阿弥へ

河竹登志夫 著

本書は、華麗な様式美の根底にある普遍的な人間のドラマ、科白と音楽と舞踊によって成る"総合芸術"の世界を、演劇論の碩学が、東西の作品の比較分析から解き明かす。これは、日本人の"心"を綴り、"究極の美"を語り尽くすものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本の演劇伝統とドラマ
  • その1 憂世の悲劇-天上希求の世界<世阿弥>
  • その2 人間ドラマの成立-地上界の劇性<狂言と近松>
  • その3 愛別離苦の劇的展開-諒解の悲劇<浄瑠璃全盛>
  • その4 浮世の芝居-歌舞伎バロックの世界<南北と黙阿弥>
  • 終章 究極の美境

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憂世と浮世 : 世阿弥から黙阿弥へ
著作者等 河竹 登志夫
書名ヨミ ウキヨ ト ウキヨ
シリーズ名 NHKブックス 712
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1994.9
ページ数 229p
大きさ 19cm
ISBN 4140017120
NCID BN11293198
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95034284
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想