騎馬民族は来なかった

佐原真 著

騎馬民族とは、どのような人びとだったのか。古墳に副葬された豪華な馬具や武器は、騎馬民族の渡来を裏づけるのか。騎馬民族=畜産民という観点から、その文化を特徴づける食習慣、家畜管理法としての去勢、儀礼と祭りにみられる供犠の習俗など文化史的側面から「騎馬民族征服王朝説」を論駁する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ウマとヒトの出会い
  • 2 騎馬民族と騎馬民族説
  • 3 畜産民とその"食"の文化
  • 4 血と内臓の知識
  • 5 去勢の文化誌
  • 6 犠牲と祭りの習俗
  • 終 騎馬民族は来なかった

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 騎馬民族は来なかった
著作者等 佐原 真
書名ヨミ キバ ミンゾク ワ コナカッタ
書名別名 Kiba minzoku wa konakatta
シリーズ名 NHKブックス 658
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1993.11
ページ数 231p
大きさ 19cm
ISBN 4140016582
NCID BN09686879
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94024591
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想