日中開戦  7 (不沈砲台)

大石英司 著

熊本県八代を巡る日中の攻防は、多数の犠牲者を出しながらも、中国に「核」を使用させなかった日本に軍配が上がる。しかし、残存兵が山に篭もり戦闘を続けていることは、中国本土で「事実上の勝利」として喧伝され、今だ勢いは衰えない。一方、この戦いの要ともいえる地、佐世保ではある動きが。開戦前に事故を起こし、ドックで修理を続けていたサン・アントニオ級ドック型輸送揚陸艦"グリーン・ベイ"が、突如湾へと出航したのだ。遂に、米軍が動きはじめる。この米軍の動きは、戦いにどういう影響を与えるのか-!?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日中開戦
著作者等 大石 英司
書名ヨミ ニッチュウ カイセン
シリーズ名 C・NOVELS 34-106
巻冊次 7 (不沈砲台)
出版元 中央公論新社
刊行年月 2015.8
ページ数 228p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-501348-0
全国書誌番号
22617984
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想