日中開戦  3 (長崎上陸)

大石英司 著

総理大臣の引責辞任の甲斐なく、激昂した中国軍は戦闘機を出し、九州の自衛隊基地を爆撃。長崎福江島のレーダー・サイトも破壊され、第一戦は中国軍の完全勝利となった。結果、中国軍が上陸した長崎県は、国の許可なく「非武装都市宣言」を行う事態に。一方、応戦する自衛隊は、住民被害を出さずに戦うというハンデを背負い、またテロ・グループにも気を配らなければならず、苦戦を強いられる。そんな中、(サイレント・コア)部隊は、福江島から撤退した姜小隊、そして千葉県で隠密活動を続けていた原田小隊も漸く長崎入りし、ある作戦の下、動き始めた-。中国との熾烈な鍔迫り合いの行方は?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日中開戦
著作者等 大石 英司
書名ヨミ ニッチュウ カイセン
シリーズ名 C・NOVELS 34-102
巻冊次 3 (長崎上陸)
出版元 中央公論新社
刊行年月 2014.11
ページ数 236p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-501320-6
全国書誌番号
22509417
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想