書架記

吉田健一 著

手に馴染み慈しんだ数々の書物への想い-柔軟な感性と硬質な知性が織りなす「書物」本来の感触への案内状。著者の文学的運命を決めた読書体験をつづる、記憶の中の書架から選んだ読書家のための十四篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ラフォルグの短篇集
  • 「ヴァリエテ」
  • プルウストの小説
  • ドヌ詩集
  • 「悪の華」
  • ワイルドの批評
  • エリオット・ポオルの探偵小説
  • マルドリュス訳の「千夜一夜」
  • ホップキンス詩集
  • 「パルマの僧院」
  • イエイツ詩集
  • 「ブライヅヘッド再訪」
  • 「テスト氏」
  • ディラン・トオマス詩集

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 書架記
著作者等 吉田 健一
書名ヨミ ショカキ
書名別名 Shokaki
シリーズ名 中公文庫 よ5-7
出版元 中央公論新社
刊行年月 2011.4
版表示 改版.
ページ数 259p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-205473-8
NCID BB09275723
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21942358
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想