黒い手帖

松本清張 著

あくなき真実の追求、執念ともいえる知識への欲求。松本清張が自らの作品を例に「推理小説の発想」を語り、創作ノートを公開する。戦後最大の「社会派」推理作家が執筆の舞台裏を明かした、推理小説よりもおもしろい「推理随筆」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 推理小説の魅力(推理小説の読者
  • 日本推理小説)
  • 推理小説の発想(小説と素材
  • 創作ノート)
  • 現代の犯罪(黒いノート
  • 『日本の黒い霧』について
  • 松川事件判決の瞬間)
  • 二つの推理(スチュワーデス殺し事件
  • 「下山事件白書」の謎)
  • 推理小説の周辺(スリラー映画
  • 楽屋裏の話)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 黒い手帖
著作者等 松本 清張
書名ヨミ クロイ テチョウ
書名別名 Kuroi techo
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論新社
刊行年月 2005.4
版表示 改版.
ページ数 257p
大きさ 16cm
ISBN 4122045177
NCID BA72067066
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20794521
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想