大乗仏典  14

梶山 雄一;瓜生津 隆真【訳】

「空」思想を論理的に基礎づけ、両極端を排する中道の学説を確立した八宗の祖師龍樹は、言葉と思惟を離れ、有と無の区別を超えた真実、「空」の世界へ帰ることを唱えた。主著『中論』以外の思想的に価値の高い八篇を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 六十頌如理論
  • 空七十論
  • 廻諍論
  • ヴァイダルヤ論
  • 宝行王正論
  • 勧誡王頌
  • 大乗二十頌論
  • 因縁心論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大乗仏典
著作者等 Nagarjuna
Nāgārjuna, 2nd cent.
梶山 雄一
瓜生津 隆真
書名ヨミ ダイジョウ ブッテン
書名別名 龍樹論集

Daijo butten
シリーズ名 中公文庫
巻冊次 14
出版元 中央公論新社
刊行年月 2004.10
ページ数 456p
大きさ 16cm
ISBN 4122044375
NCID BA69326814
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20700699
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
龍樹論集 龍樹, 瓜生津 隆真, 梶山 雄一
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想