王手

升田幸三 著

「私の場合は、将棋指しだから、すべてものごとを、将棋をとおして、みる。人事百般を、盤上の形勢におきかえてみるわけだ」-人生の達人でもあった不世出の棋士・升田幸三が、鋭い観察眼と歯に衣着せぬ語り口で、人事百般を斬る。ここ一番の勝負哲学と珠玉の人生哲学がちりばめられた痛快な大放談。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 処世のすべ(一途がいい
  • 思いやり ほか)
  • 第2章 王手(隙
  • プロ ほか)
  • 第3章 わが家の系譜(かけごと好き
  • 念力 ほか)
  • 第4章 勝負師たち(棋士と棋風
  • "攻め"と"受け" ほか)
  • 第5章 人さまざま("清潔"じゃ一番
  • "聞く耳"を持つ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 王手
著作者等 升田 幸三
書名ヨミ オウテ
書名別名 Ote
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論新社
刊行年月 2003.2
ページ数 286p
大きさ 16cm
ISBN 4122041686
NCID BA61195166
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20383266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想