勝負

升田幸三 著

人生は将棋に似ている-。名人に香車を引いて勝つという伝説を作り、同門の大山康晴と熾烈な戦いを演じた不世出の名人・升田幸三が、人事百般について不羈奔放に語り下ろした随筆集。人間味豊かな語り口の中にあらわれる珠玉の言葉のひとつひとつは、世代を越え、深く感銘を与えずにはいない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 将棋の道へ
  • 第2章 駒の哲学
  • 第3章 勝負
  • 第4章 上に立つ
  • 第5章 後から来る者へ
  • 第6章 世間
  • 第7章 思い出の人びと
  • 第8章 女、妻、家内
  • 第9章 身辺雑記

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 勝負
著作者等 升田 幸三
書名ヨミ ショウブ
書名別名 Shobu
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論新社
刊行年月 2002.9
ページ数 285p
大きさ 16cm
ISBN 4122040868
NCID BA58775328
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20334039
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想