最終戦争論

石原莞爾 著

まもなく国家殱滅型の最終戦争が起こり、その後に絶対平和が到来する。太平洋戦争前夜、戦史研究と日蓮信仰から生まれたこの特異な予見は、満州事変を主導し日本の運命を変えた。陸軍の異端児は何を語ろうとしたのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 最終戦争論(戦争史の大観
  • 最終戦争
  • 世界の統一
  • 昭和維新 ほか)
  • 第2部 「最終戦争論」に関する質疑回答

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 最終戦争論
著作者等 石原 莞爾
書名ヨミ サイシュウ センソウ ロン
書名別名 Saishu senso ron
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論新社
刊行年月 2001.9
ページ数 124p
大きさ 16cm
ISBN 4122038987
NCID BA53933909
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20222069
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想