日本はなぜ戦争に二度負けたか : 国民不在の政治

大森実 著

第二次世界大戦の無条件降伏とバブル経済の無残な敗戦…。戦後相次いだ不可解な事件を詳細に検証しつつ、戦後政治の有り様を徹底追求する。いま直面する危機から脱出するために、日本はなにをすべきなのか。長年にわたりジャーナリズムの第一線で活躍してきた著者による日本再生への提言の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 皇居地下壕の御前会議
  • 誤訳で護持された国体
  • 五・一五、二・二六事件と軍部
  • 近衛文麿の日米交渉
  • ルーズベルトとチャーチルの洋上会談
  • 日本に先に直撃させよ!
  • 昭和天皇とマッカーサー元帥
  • 近衛が書いた新憲法草案
  • カオスの中から誕生した日本の政党
  • 総選挙に勝って追放された鳩山一郎〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本はなぜ戦争に二度負けたか : 国民不在の政治
著作者等 大森 実
書名ヨミ ニホン ワ ナゼ センソウ ニ ニド マケタカ : コクミン フザイ ノ セイジ
書名別名 Nihon wa naze senso ni nido maketaka
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論新社
刊行年月 2001.4
ページ数 447p
大きさ 16cm
ISBN 4122038073
NCID BA51636764
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20182517
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想