語りの海吉本隆明  2 (古典とはなにか)

吉本隆明 著

十代後半の頃に、太宰治や小林秀雄・保田与重郎などの古典論を、自らの問題意識とかかわらせながら、切実に読む体験を重ねてきた吉本隆明。その体験をふまえて、やさしい言葉で展開された<古典論>の代表作を集めたシリーズ第二巻。吉本講演の名作「実朝論」をはじめとした、真の古典に近づくための魅力的な語りの数々を一冊にまとめた。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 語りの海吉本隆明
著作者等 吉本 隆明
書名ヨミ カタリ ノ ウミ ヨシモト タカアキ
書名別名 古典とはなにか

Katari no umi yoshimoto takaki
シリーズ名 中公文庫
巻冊次 2 (古典とはなにか)
出版元 中央公論社
刊行年月 1995.4
ページ数 263p
大きさ 16cm
ISBN 4122022908
NCID BN12422150
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95057479
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想