水滸伝 : 虚構のなかの史実

宮崎市定 著

「読まされた」四書五経に対し、「隠れてでも読んだ」水滸伝。少年時代からの水滸伝ファンであった著者が、この痛快無比な長篇小説の中から宋江・魯智深・蔡京ら特色ある人物を取り出し、虚構と歴史的事実とを対比させて、水滸伝がかくも広範に読みつがれてきた魅力の源泉を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 徽宗と李師師
  • 第2章 二人の宋江
  • 第3章 妖賊方臘
  • 第4章 宦官童貫
  • 第5章 姦臣蔡京
  • 第6章 魯智深と林冲
  • 第7章 戴宗と李逵
  • 第8章 張天師と羅真人
  • 第9章 宋江に続く人々

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水滸伝 : 虚構のなかの史実
著作者等 宮崎 市定
書名ヨミ スイコデン
シリーズ名 水滸伝
中公文庫
出版元 中央公論社
刊行年月 1993.12
ページ数 247p
大きさ 16cm
ISBN 4122020557
NCID BN10274857
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94029838
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想