雪片曲線論

中沢新一 著

心身の修行で得た深い洞察と柔軟なメチエの精神をベースに、フラクタル理論、コッホ極線などの創造的な援用によって、スタンダードな認識の構造を変え、思考の領域を無限に拡げようとする知性の運動の軌跡。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 雪片曲線論(流体とフラクタル
  • 陰陽・差異・クリナメン
  • 雪片曲線
  • 華やぐ子午線)
  • 2 la science angelique(ゴジラの来迎
  • テクストの預言者
  • 天使的交換
  • ゲームフリークはバグと戯れる
  • 観光音楽
  • 共生の森
  • 綱わたり)
  • 3 高原のスピノチスト(レクチュア
  • 色彩の胎生学
  • 建築のエチカ
  • 振動する性の身体)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 雪片曲線論
著作者等 中沢 新一
書名ヨミ セッペン キョクセンロン
書名別名 Seppen kyokusenron
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論社
刊行年月 1988.7
ページ数 362p
大きさ 16cm
ISBN 4122015294
NCID BN04384464
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88048727
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想