日本の憑きもの : 社会人類学的考察

吉田禎吾 著

伝統社会の解体、都市化の進行とともに、キツネ憑き・イヌガミ憑きなどのいわゆる憑きもの現象は今や消失してしまった感がある。しかしこの現象の背後には意外にも、日本社会の家筋の問題を含む人間関係の祖型が匿されているのではなかろうか。憑きもの現象が濃密に残存していた村落への長年の調査と、外国の豊富な類例とを比較して考察した本書は、かつて日本民俗学が試みた領域への、社会人類学の側からの新しい照射である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「憑きもの」に憑かれて(憑きものの魅力
  • 社会の深層心理への踏査)
  • 第1章 憑きものの正体と特色(心的分離としての憑依現象
  • 外国の憑きもの
  • 望ましい憑霊と望ましくない憑霊 ほか)
  • 第2章 憑きもの筋(結婚のタブー
  • ナマヅル
  • 憑きもの筋の形成 ほか)
  • 第3章 憑きものの社会的意味(死霊が憑く
  • 祖霊と親族
  • 憑く憑かれるの関係 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の憑きもの : 社会人類学的考察
著作者等 吉田 禎吾
書名ヨミ ニホン ノ ツキモノ : シャカイ ジンルイガクテキ コウサツ
書名別名 Nihon no tsukimono
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 1999.10
版表示 復刻版.
ページ数 202p
大きさ 18cm
ISBN 4121702999
NCID BA44887119
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20092901
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想