孤独のすすめ

五木寛之 著

老いにさしかかるにつれ、「孤独」を恐れる人は少なくありません。体が思うように動かず、外出もままならない。訪ねてくる人もおらず、何もすることがなく、世の中から何となく取り残されてしまったようで、寂しく不安な日々。けれども、歳を重ねれば重ねるほど、人間は「孤独」だからこそ豊かに生きられると実感する気持ちがつよくなってくるのです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「老い」とは何ですか
  • 第2章 「下山」の醍醐味
  • 第3章 老人と回想力
  • 第4章 「世代」から「階級」へ
  • 第5章 なぜ不安になるのか
  • 第6章 まず「気づく」こと

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 孤独のすすめ
著作者等 五木 寛之
書名ヨミ コドク ノ ススメ : ジンセイ コウハン ノ イキカタ
書名別名 人生後半の生き方
シリーズ名 中公新書ラクレ 585
出版元 中央公論新社
刊行年月 2017.7
ページ数 181p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-150585-9
NCID BB23945597
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22918680
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想