道路の日本史

武部健一 著

邪馬台国の頃には獣道しかなかった日本列島も、奈良時代になると幅12mの真っ直ぐな道が全国に張りめぐらされ、駅馬の制度が設けられた。中世には道路インフラは衰退したが、徳川家康は軍事優先から利便性重視に転換して整備を進める。明治以降は奥羽山脈を貫くトンネルを掘った三島通庸、名神高速道路建設を指揮したドルシュなど個性溢れる人物の手によって道路建設が成し遂げられる。エピソード満載でつづる道路の通史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 世界の道路史と日本
  • 第2章 律令国家を支えた七道駅路
  • 第3章 中世-乱世と軍事の道
  • 第4章 近世-平和の礎としての道
  • 第5章 近代-鉄道の陰に追いやられた明治の道
  • 第6章 現代-高速道路時代の到来
  • 終章 日本を支えるシステムとしての道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道路の日本史
著作者等 武部 健一
書名ヨミ ドウロ ノ ニホンシ : コダイ エキロ カラ コウソク ドウロ エ
書名別名 古代駅路から高速道路へ

Doro no nihonshi
シリーズ名 中公新書 2321
出版元 中央公論新社
刊行年月 2015.5
ページ数 253p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102321-6
NCID BB18655022
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22595989
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想